ホルモン補充療法で加齢による身体の不調を改善しよう

綺麗な女性

美容クリニックで治療可能

医者

女性ホルモンは40歳くらいになるとすでに減少が進んでいるといわれています。しかしホルモン補充療法を受ければ、女性ホルモンの不足によって生じる肌トラブルや精神面でのイライラ、記憶力の低下などに対処することができます。美容クリニックではいろいろなホルモンを使ってホルモン補充療法を行っています。

View Detail

更年期障害の治療

二人の女性

ホルモン補充療法は病院で行うことができる更年期障害の治療のひとつです。飲み薬、貼り薬、塗り薬などを使って女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えることで、更年期障害の症状を緩和できます。

View Detail

更年期の不調を解消する

長髪の女性

ホルモンを補充

40代半ばから50代の半ばにかけた年齢を更年期と呼びます。この年齢に起こりやすい症状が更年期障害です。特に女性は更年期のころから女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。それにより、のぼせやほてり、イライラといった心身ともに不調を訴える人が多いです。症状のあらわれ方は個人差がありますが、女性ホルモンを整える食事療法やサプリメントなどで改善されることもあります。また、更年期障害の症状を改善する方法のひとつに、ホルモン補充療法があります。少なくなった女性ホルモンを補うことで不調を解消するというものです。治療を始めると乳房の張りや出血などが起こる場合がありますが、薬を使用していくうちになくなっていく副作用とされています。治療の上で知っておきたい事項です。

その効果は

ホルモン補充療法は、基本的にエストロゲンを投与することが目的ですが、不正出血などの予防のためにもうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンも補充することがほとんどです。ただし、投与方法は時期や病状、子宮の有無などによって異なります。ホルモン補充療法の効果としては、更年期障害の症状を軽減するとともに、血中コレステロール値を下げる働きから動脈硬化の予防やアルツハイマーの予防、コラーゲン減少の抑制、骨粗しょう症予防なども挙げられます。ホルモン補充療法は、老化を緩やかにさせる効果が期待できるといえます。治療する際には、アレルギーや既往歴により慎重に行われる必要があるので、医師としっかり相談して決めることが大切です。

ホルモンを増やす治療

女医

更年期障害は、病院でホルモン補充療法やプラセンタ注射などの治療を受けることで改善することができます。ホルモン補充療法では、ホルモン薬で卵胞ホルモンのエストロゲンを増やします。プラセンタ注射には女性に嬉しい栄養がたっぷり詰まっています。

View Detail